現代の子供への教育の流行として

時代に応じて親が子供に習わせたい習い事は大きく異なります。
昔は書道や珠算が一般的でしたが、最近では英会話やプログラミングが一般的となってきました。
理由としてはすでに学校で必須科目となっている英語を、より話せるようになってほしいこと、これからの時代英語は話せて当たり前になるといわれており、将来国際社会で活躍できるような人間になれるように親として英語教育のサポートをするのは当然と考える人も少なくありません。
また、プログラミングが人気の理由として、プログラミングを習わせて将来コンピュータ関連に就職させると考える人もいますが、ロジカルな思考をはじめ、コンピュータに対しての苦手意識をなくそうという試みもあります。
人によってはコンピュータ教育に対して抵抗を抱く人も少なくない世代もおり、学校での必須授業で習っていても自分の生活ではあまり使用しない人も少なくありません。
しかし、これからの社会でコンピュータは必須アイテムです。
そのため、プログラミングを学んで苦手意識をなくしてほしい親心も少なくありません。